結婚する時に共働きが前提な男性と結婚してはダメなの知ってる?

今の世の中ですが共働きの夫婦が多いと思ってます。
共働きする理由があっての事なのでとても良い事だと感じます。

働いていたいと思う女性もたくさんいらっしゃると思います。

ただ、結婚する前から共働きが前提な男性もいるのも事実。
それにも理由があると思います。

ちなみに、お嫁ちゃんは結婚してから専業主婦をしています。
それにもちゃんとした理由があります。
わたしが46歳、お嫁ちゃんが39歳の時に結婚したので子どもが早く欲しかった。
その為に妊活をしていたのです。

お嫁ちゃんが働くよりも子どもを授かる事を優先しました。
我が家はそれが理由です。

運が良かったと思いますが3回目で無事に妊娠をして女の子を授かりました。
もうすぐ1歳になる元気いっぱいの娘がいます。

お嫁ちゃんは妊活をする時もホルモン剤などの影響で体調が良く無くて大変でした。
41歳になってからの出産(帝王切開)も大変でした。
子育ても本当に体力勝負なのでいつも疲れています。

そんな理由があってしばらくは専業主婦をする予定です。
娘が幼稚園に通園するようになったらパートでもしようかなと言っていますがわたしは専業主婦でも構わないと思ってます。

共働きをする理由を確認する

わたしにはひとつの考えがあります。
結婚してからの生活費は旦那の給料を基本として生活レベルにしないといけない。

収入が少ないのが理由

結婚したら共働きが前提になっている男性にも理由があります。

・収入が少ないから共働きをして欲しい

このパタンが一番多いと思います。
この場合ですがもっと深堀して聞いて見るといいです。

・家賃(住宅ローン)
・食費
・水道光熱費
・車のローン

などなど。

結婚をすればいろんなお金がかかります。

この事を考えての発言だったら良いですがただ収入が少ないので…
と、言っていたら要注意ですね。

結婚してからの生活費について真剣に考えていない証拠なので。

お小遣いの事を考えている

旦那の給料で結婚生活をするとほとんどの方がお小遣いが出ないでしょう。
我が家も例外ではありません。

我が家では毎月の手取りが約30万ほどあります。
それでも、夫婦のお小遣いはほとんどありません。
余裕なお金があれば1円でも多く貯蓄に回したいとわたしは考えてます。

多くの方は飲みにも行きたいでしょうし、趣味にも充てたいでしょう。

⇒嫁の収入を期待する。

お小遣い(自由になるお金)の事が考えての発言だったらこれまた要注意ですね。

お金に関しての甘さがありますので。

二人の収入を合わせた生活レベル

旦那の収入と嫁の収入を合算して生活レベルを考えているならこれまた要注意です。
良くあるのが住宅ローンですね。
夫婦で住宅ローンを組むという事です。

住宅メーカーは家を売りたい、銀行はお金を貸したい。
このような理由で夫婦二人の収入を合わせた額で家を薦めて来ます。

わたしの後輩は旦那の年収が400万ほどですが4500万の住宅ローンを組みました。
毎月の支払いは13万ほどだそうです。
夫婦二人での住宅ローンです。

奥さんが働けなくなったらどうするんでしょうね…

お金に関しての考え方が甘い

世の中にはお金に関しての考え方が甘い男性がいるという事です。
そのような方は結婚をしたら共働きが前提な方が非常に多い。

・自由になるお金
・生活レベルを上げる

このような事を考えている男性は結婚しない方が無難じゃないかな。

お嫁ちゃんも同じような事を言っていたので間違いなし!!

結婚してからのお金事情


理想になりますがわたしはこのような考え方です。
セコイと思われがちなんですけどね。

旦那の給料で生活レベルを組み立てる

わたしはこの考え方です。
旦那の給料で生活レベルを組み立てるです。

結婚をすれば誰もが思いますが子どもを望むと思います。
※望まない方はわたしの考え方とは違うのでスルーしてください。

奥さんが働けない時期もありますし、奥さんが働いてもフルタイムで働けない時期もあると思います。
そういう理由から奥さんの収入をあてにしない生活レベルが必要だと考えています。

結婚する相手の収入と合算したお金で生活レベルを考えているならダメですよ!!
と、いう事です。

共働きで貯蓄を増やす

子どもが産まれると何かとお金がかかります。
最初にかかるのは幼稚園とか保育園に通園する費用(福岡で4万円ほど)ですね。
また、保育園や幼稚園のうちは病気になる確率も多いですからね(迎えに行かないといけない)

小学校になれば習い事、塾とかどんどんお金が出て行きます…
この時期になれば旦那さんの給料だけでは生活を保つのが難しくなってくるでしょう。
同時に奥さんが働きに出る時期でもあります。

この時期から子どもの学費を貯蓄する必要があります。
小学校6年、中学3年、高校3年の計12年です。

大学に行くことを想定して出来るだけ貯蓄をします。

お金の運用を開始

貯蓄する一部を投資信託などで運用を開始するのです。

例えば、将来の為に毎月5万円の貯蓄を考えたとします。
そのうちの2万円を投資信託、3万円を現金で貯金をするのです。
投資信託は毎月の積立型ですから子どもが大学に行く頃には積立を行った額よりも増えています(きっと)

貯蓄をするだけではお金は増えません。
貯蓄以外に投資と言う事を少しずつ勉強していきましょう。

わたしの後輩夫婦の事例


わたしの後輩にあたるんですがこれがちょっとね…

フルローンで建売住宅を購入

3500万ほどの建売住宅を頭金を入れずにフルローンで購入しています。
35年ローンですがそれでも毎月の支払いは10万円ほどになっていると言ってました。
旦那の年齢は38歳なのでローンが終わる頃は68歳です。

後輩の年収は350万ほどで奥さんと合わせると700万ほどあるのかな。
奥さんは産休から育休を取得しているので夫婦合わせても600万ほどでしょうか。

奥さんがずっと働けたらいいですけどね…

職場放棄をする

後輩は職場放棄をするんです。
これまでに3回ほど 笑

仕事がつらくなると仕事を休みがち…
一度はもう嫌だ~と言って仕事を放棄して帰りました 笑
そして、1週間程ですが会社に出てこない。

無責任と言いますか何なんでしょうね…

旦那も育休を取得

そんな後輩ですが2人目の子どもがもうすぐ生まれます。
奥さんは1人目で産休⇒育休を取得していましたが復帰する事無くまた産休⇒育休を取得します。
そして、旦那も育休を取得するようです。

二人合わせて600万ほど収入がありますが二人とも育休を取得したら二人で一人分になるので400万くらいになるのかな??

余計ないお世話でしょうが住宅ローンを払うのは厳しいでしょうね。

まとめ


わたしの周りにいるヤツが甘いのかな??
共働きが前提な結婚生活をしています。

旦那+嫁の収入で生活レベルを組み立てている。
住宅ローンに車のローン…

同じ会社に勤めているのでだいだいの収入ってわかるじゃないですか。
そんな住宅ローンに車のローンは支払えないでしょ!!
そんなヤツがわたしの周りには多い。

一般的にそんな感じなんでしょうか??
それともわたしの考え方が固すぎるのでしょうか??

とりあえず、他人はどうでも良いので我が家は我が家の考え方でいいです。
お嫁ちゃんも同意してくれているので。

家族の為に頑張りますよ~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*