男性の結婚適齢期はいつ?アラフォー男性は実は今がチャンスかも!?

わたしは44歳で婚活を始めました。
一般的に言えば遅すぎるでしょうね。

結婚願望が無かった訳ではありません。
一つはいつか良い出会いがあって自然に結婚に向かって行くだろうという考え方。
もう一つは自分の収入で結婚して生活をして行けるだろうという不安。

こんな考え方があったので真剣に婚活をして来なかったと思ってます。

そういえば結婚適齢期って言葉があるけどこれっていつ??
そんな事を考えた事もあります。
結婚したい時が適齢期という方もいました。

さて、男性にとって結婚適齢期とはいつなんでしょう??

この年齢まで結婚しなかったからこそ分かってきた事もあります。
20代が適齢期なのか??
30代なのか??

もしかして結婚適齢期は人生において何回かあるのではないでしょうか??

男性の結婚適齢期は30歳くらい??

世間一般的には男性の結婚適齢期は30歳くらいと言われている事が多いです。
それはなぜか??

明確な理由はありませんがそろそろ結婚を意識しないといけない年齢というのがその理由だと感じてます。
大学を卒業して30歳くらいになればそこそこのポジションで仕事をしている方も多いでしょう。

そろそろ結婚しないの??

そう言われる事も多くなっているはずですよね。

30歳と言えば仕事が面白くなる時期

多くの方が当てはまると感じます。
社会人になって10年くらいたつと一人前に仕事が出来るようになります。
優秀な方であれば管理職になっている方も多くいらっしゃるでしょう。

遊びよりも仕事を優先、恋愛よりも仕事を優先…
わたしもそんなタイプでした。

毎日、仕事で遅くなって休みの日は家でゆっくりする。
会社と家の往復をしても苦になりませんでした。
今思えば変なんですがね 笑

仕事は面白いが給料が上がらない

今の世の中は給料が上がるより下がる事が多い時代です。
仕事は面白くてやりがいがあるんだけど給料もそれに伴って上がってくれればなぁ~

今、結婚しても二人で生活する収入でもないし…
そんな不安がある気持ちも良く理解出来ます。

わたしの職場では40歳を過ぎても独身男性が何人もいます。
結婚は??
と、尋ねると同じような答えが返ってきます。

仕事は面白くてやりがいがあるけどこんな安月給じゃ家族を養う自信が無い。

そう感じている方も多いのではないでしょうか。

わたしの結婚適齢期を振り返ってみた

44歳で婚活を始めて47歳でお嫁ちゃんと結婚したわたしですがこれまでにも結婚するかな??
と、いう場面が何回かありました。
その時に結婚してたらまた違った人生を歩んできたのかな??

最初の結婚適齢期は22歳の時

学生時代からお付き合いをしていた女性がいました。
その女性とは19歳からお付き合いをしていました。

目鼻立ちがはっきりとした可愛らしい女性でいわゆるモテる女性でしたね。
バイト先で知り合ったんです。
恥ずかしながらわたしの初めての女性です 笑

当時は会社に勤め出して2年目でした。
バブリーな時期でしたので残業が多かったですが手当も多かったしボーナスもきちんと出ていたと思います。

当時はまだまだ純粋な年代なのでその女性を幸せにしたいと心から思っていたんです。
一見遊び人風な女性でしたが以外にも結婚願望がありおれが幸せにしてやると思ってました。

ですが、まだまだ若い未熟な年代なので違う女性も経験したいというイケない考え方も持っていました。
結婚よりもまだ遊びたい…
そんなバカな考え方を持ってたと記憶してます。

4年近くもお付き合いをしていましたがわたしの馬鹿な考え方が相手にもわかってきたと思います。
ある日突然に別に好きな人が出来たと言われて…

長くお付き合いをしてきてお互いに結婚をする約束もしてました。
わたしの両親にも紹介してました。
それでも、わたしの未熟な考え方があり破局…

そのショックはずっとずっと引きずって行く事はこの時はまったく想像が出来ませんでしたが…

それ以降は結婚に対して消極的になった

結婚をお互いに約束をしていましたがわたしが原因で振られてしまいました。
22、23歳という何事に対しても経験値が足らなかったわたし。
少々トラウマな感じななったような感じです。

恋愛をする女性に対してもそれ以上の事を望む事もなくなりました。
そんな期間が10年ほど続いてしまったんです。

2回目の結婚適齢期は30歳を少し過ぎた頃

この頃は長期出張があって千葉の幕張に1年ほど、鹿児島市内に2年ほど滞在をしている事です。
鹿児島市内の仕事場で一緒になった派遣さん、事務員さんと同時進行をしてしまいました。
いわゆる二股で二人とも同じ職場の女性です(今考えてもとんでもない事してました)

わたしとしてはどちらかの女性と結婚してもいいかな??
そんな軽い気持ちだったと思います。
特に、派遣さんとは体の相性も抜群に良かったので…

と、思っていたのですがそんなうまい話しは続きません。

突然にわたしの長期出張が終わりになってしまい地元の福岡に変える事になりました。
遠距離恋愛も考えましたがそこまで結婚に積極的になっていなかったわたし。

残念な結果を迎えてしまいました。

結婚適齢期は強い気持ちが無いと無いと思え

わたしも過去に2回の結婚するかな??
と、いう場面がありました。
今でもなぜその時に結婚をしなかったのかな??
そう考えた事もあります。

なんとなくでは結婚は出来ない

結婚に対して真剣に考えていないと出来ない。
これがわたしの考えになりました。

いつか良い出会いがあって自然と結婚が出来るだろう。
そう考えていては絶対に結婚が出来ないのです。

アラフォー過ぎて実家暮らしは良くない

わたしの周りにもアラフォー過ぎても独身男性が結構います(わたしが勤めている会社の同僚)
共通するのは実家暮らしだという事かな??
ちなみにわたしもそうでした。

アラフォーのおっさんが母親にお昼のお弁当を作って貰って持参しているのです。
何か間違っているような気がするのはわたしだけでは無いでしょうね。

収入を理由にするのは間違っている

わたしも20代の頃に結婚しそうになった時は収入の事を気にしていました。
この収入で二人で生活をして行けるだろうか??

自分の収入に合う生活レベルにすれば良いだけの事なんです。
車とか住む家とか贅沢してはきりがありません。

一人で生活出来なくても二人だと以外にもやっていけるもんなんです。

年収400万円台のサラリーマンのわたしが生活出来ているのですから。
ちなみに奥さんは専業主婦です 笑

アラフォー世代は最後の結婚適齢期

自分で実際に経験をしてみてそう感じました。
2年半の長い間ですが婚活をしてやっとお嫁ちゃんと出会いました。
45歳になり、46歳になり、、、
心が折れかかった事も何回もあります。

自信を持って婚活をするべし

この年齢で結婚を望むとか無理なのかな…
そんな弱気な考えではダメなんです。

アラフォー世代は社会人としての経験値が高い人が多い。
仕事上でもそこそこのポジションにいる方も多い。
当然ですが収入もそこそこある。

それは婚活する時には武器になるんですよ。

20代や30代の男性には無い魅力がアラフォー男性にありますから。

根気よく諦めずに婚活をする

但し、20代や30代の男性に比べると年齢というハードルは上がります。
40歳よりも41歳、42歳よりも43歳の方が確実にハードルが上がります。

何を言いたいかと言えば『なるはや』なんです。

45歳を過ぎると確実に30代の女性からは相手をされなくなりますからね。
早め早めに手を打っていきましょう。

まとめ

わたしの長い人生の経験では結婚適齢期というのは自分で作る物だと感じてます。
それは待っているだけではダメなんです。

いつか良い出会いがあって自然に結婚するものだと思っていたら考え方を改めましょう。
いつまで立ってもそんな都合の良い出来事はありませんよ。

大切な事ですが結婚は行動を起こさない限り出来ません。

アラフォーだからと言って諦めるのもダメ。
アラフォーには人生経験、仕事上のポジション=収入という武器もあります。

アラフォー世代は最後の結婚適齢期のチャンスだと思って行動しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*