結婚相談所と結婚情報サービスの違いを理解していないと大変な事になりますよ!

結婚をしていないアラフォー世代が増え続けいます。
わたしもそうでした。

わたしは44歳でエクシオの婚活パーティーで婚活を続けていました。
その期間はなんと2年半!!
婚活中は辛かったかぁ~

どんなに努力をしてもうまく行かない日々…
誰にも相談できないですからね。
ただ、自分を信じて婚活を続けて行くしか無かったです。

結婚相談所へ入会しとけばもっと早く結婚できたんじゃないだろうか??
そんな事も考えた事があります。

ところで結婚相談所ってどんなイメージがあります??
・入会金が高い
・月額費用が高い
・結婚出来たら成婚料がある

などなど、お金に関してのイメージが強いのではないでしょうか??
実は、お金だけにとらわれると結婚相談所選びに失敗して後悔する事があります。

自分の性格にあった結婚相談所を選ばないと本当に後悔しますよ!!

Sponsored Link

大手の結婚相談所のサービス


一口で結婚相談所と言ってもいろんな会社があります。
CMをバンバン放送している大手が良いのか??
それとも地域密着型の中小が良いのか??
ここを誤ると後悔する事になります。

大手の結婚相談所にありがちな事

大体の大手の結婚相談所はまず自社のインターネットサービスがありますよね。
会員数も数万人もいるようで本当に多いです。

ただ、大手の結婚結婚相談所のサービスはシステムを利用する事が大前提になっています。
結婚相談所から毎月5人など紹介をしてくれますがシステムで選ばれた人たちなのです。

自分の希望条件を見たした相手を選んでいますがコンピューターのロジックによって選ばれています。

これってどうなんでしょうね…

自分で相手を検索する事もできます

システムがあるので自分で検索する事も可能です。
会員数も多いのでたくさんのお相手がいます。
検索する事態は無料ですが気に入った相手がいて申し込める人数に制限がある結婚相談所が多いですね。

毎月で10人までとか決まってます。
それ以降も自分で交際を進める必要があります。

これって結婚相談所のサービスでは無いような気がしますよね。

結婚情報サービスなのである

wikiにこのような記述があります。

結婚情報サービス(けっこんじょうほうサービス)は、結婚したいと考えている男女の個人情報を提供するサービスを行う業態のこと。
日本における結婚情報サービスは、会員登録が前提で、カウンセリング、出会い、交際・恋愛、婚約・成婚という段階を経る。
出会い系サイトなどと異なり、会員登録に当たっては、当該サービスを提供する事業者の多くにおいて、学歴や職業・職歴を精査され、基準を満たす場合に所定の入会金・サービス利用料等を支払うことなどによって登録が認められる。この際、最終学歴の学校の卒業証明書、現在の仕事の源泉徴収票や給与明細書、独身証明書などの書類の提出が要件となる場合が大半である。
出会いの場として、
パートナー紹介書
パーティ・イベント
情報誌
を提供しているものが多い。また、これらのサービスにインターネットを利用している業者もある。

出典:wiki

これって大手の結婚相談所の事を指していると思うのはわたしだけでしょうか??

こんなタイプの人に向いている

大手の結婚相談所を利用する場合は向き不向きを事前に考える必要があります。
提供しているのは結婚情報サービスになるので自分で成婚までたどり着ける方が向いていると言えます。

それってどういう事??
そう思われると思います。
具体的に言えば自主的に行動を起こして行ける方です。

・自分で相手を探す
・相手と会う為の努力を自分でする
・うまく行かなくても誰にも相談せずに解決できる

などなど。

うまく行かなくても誰にも相談せずに自分の考え方で前に進んでいける方が向いていますね~
それと、婚活に時間が使える方もそうなります。

結婚相談所を利用しようかな??
そう考えている方には大手の結婚相談所を利用するには不向きな方が多いと感じています。

仲人型の結婚相談所


結婚相談所に登録する場合は仲人型を選択する方が増えています。
担当者がいて親身になってアドバイスをくれますよ。

仲人型の結婚相談所とは

仲人型の結婚相談所は中小に多いと感じてます。
地域密着型と言えば分りやすいですよね。

申し込んだ方に対して担当者がついて親身になって相談にのってくれる結婚相談所です。
痒いところに手が届くサービスと言えばわかりますか??

地域密着型の結婚相談所には昔ながらのお世話好きなおばちゃんがいますよ 笑

基本的に結婚情報サービスと同じ

仲人型の結婚相談所も提供しているサービスは結婚情報サービスと同じような感じです。
・相手を探して提案してくれる
・システムを利用して相手を自分で探す

このようなサービスは結婚情報サービスも仲人型の結婚相談所も同じです。
ただ、結婚情報サービスはシステムのみで完結をしてしまいます。
仲人型の結婚相談所は人の手によって相手を選んでくれます。

基本的なサービスはどちらも同じ。
ただ、システムで自動的に行うのか人の手によって行うのか…
どちらのシステムが良いかは人それぞれでしょうけどね。

わたしはシステムで自動で相手を選ぶのは嫌ですけどね。

仲人型の結婚相談所の費用は高め

入会金(初期費用)、月額料金(固定費)は同じか若干低めなのですが成婚料が高い傾向にあります。
30万とか普通ですね。

なぜか??
仲人型の結婚相談所は成果報酬型を取っている場合が多いです。
無事に結婚が出来たらお金を払ってもらいますよ♪

トータルで見た費用で大手の結婚情報サービスより高いかも知れません。
ですが、必死になってお世話をしてくれるのです。

こんなタイプの人に向いている

このような方が向いています。
・恋愛経験があまりない
・人と話す事が苦手
・仕事が忙しく時間が無い
・結婚するまでのイメージが無い
・理想が高い

アラフォーになっても結婚をしていない男性・女性が増えています。
(わたしもそうでした)
そのような方に共通するのがこのような理由なんです。

特に理想が高いというのは結婚出来ない理由のトップです。
担当が客観的なアドバイスをしてくれるのでいつまでも理想ばかり追い求める事もありません。

結婚情報サービスでなかなか相手が見つからない方は仲人型の結婚相談所があっているのでは??

まとめ


結婚相談所のサービスは随分前からあります。
わたしが成人した頃からありました。
当時は仲人サービス??とか言われてた記憶があります。

昔は結婚相談所と言えば地域密着型の比較的小さなサービスだったと思ってます。
それが、インターネットの普及で随分と変わりましたよね。
結婚相談所と言えば昔はお世話好きなおばちゃんがいろいろと世話をしてくれたけど…

インターネットが普及してからは結婚相談所と結婚情報サービスの区別がつきにくくなっていると感じてます。
インターネット広告を見て安易に申し込んで失敗したり。
そんな方が増えていると聞きます。

まず、自分がどんなタイプなのか冷静に考える必要があります。
自分でどんどん行動が出来るのか??
それとも、いろいろとお世話をしてもらわないといけないのか??

そこが一番大切でスタートラインでもあります。
いろいろとお世話をしてもらわないといけないタイプなのに結婚情報サービスに申し込んでも仕方が無いですからね。
逆に自分で考えて行動が出来るのに仲人型の結婚相談所に登録してもうまく行かないでしょう。

結婚相談所は金額だけを見て申し込む人が増えているようです。
まずは、自分がどのように婚活をしたいのか。

お金よりも大切な事なんですよ。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*