離婚する原因を理解してたら婚活がうまく行く理由を教えます!

わたしたち夫婦は晩婚です。
わたしが47歳の時、お嫁ちゃんが40歳の時に結婚式をあげました。
それから1年後に待望の女の子にも恵まれました。

中古ですがマンションも購入して住む前にリフォームしたので新築のようです。

幸せですか??
と、聞かれると『幸せです!!』大きな声で言えます。

喧嘩とかしません??
と、聞かれると『普通にしますよ』、『大きな喧嘩もしますよ』答えます 笑
育った環境も違う、価値観も違う二人が夫婦になって一緒に暮らしているので喧嘩しますよ!!

子どもが産まれてきて、子育てが始まってから夫婦喧嘩が増えた感じですか。
子育てはストレスが相当たまるのでね。
お嫁ちゃんも精神的に疲れてますから、わたしに攻撃的になる事も多々あります 笑

それを受け止めるのが旦那の役割かも知れません(イラッとしますが 笑)
そこを理解できていないと最悪の場合ですが離婚になる事もあるようです。
子どもがいて離婚となると夫婦二人だけの問題じゃないですから。

人はなぜ離婚してしまうのか??
婚活をする頃から離婚になる原因を理解していたら(ある程度ですが)防げる確率も大きくなると思います。

性格の不一致が大部分を占めている離婚原因…
それは、どういった理由からなんでしょうか??

Sponsored Link

離婚するには理由が必要


離婚するにはちゃんとした理由が無いといけないの知ってます??
嫌いになった、愛情が無くなったというのは離婚の理由にはなりません??

法律で認められている離婚の理由

離婚の理由は民法で定められています。

・不貞行為
・悪意の遺棄
・失踪
・精神疾患
・結婚生活を続けがたい重大な事由

この5つです。

まず、不貞行為ですが簡単に言えば『浮気や不倫』です。
男は『安心』から浮気や不倫をする生き物、女は『不満』から浮気や不倫をする生き物と言われています。
不貞行為は慰謝料の対象にもなるので気をつけないとね。

悪意の遺棄は簡単に言えば『家庭放棄』でしょうか。
生活費を渡さない、家に帰ってこない、相手の帰宅を妨害するなど。
民法では『悪意がある』とみなされます。
なんか、怖いですね。

失踪は音信不通が3年ほど続くと離婚の理由になります。
失踪しただけなのか、事故や事件で死亡したのか。
連絡が3年取れないと一方的に離婚が成立します(いろんな証明書が必要ですが)

精神疾患は回復が見込めない精神病になって、夫婦生活が継続困難と認められる必要があります。
ここを選択する人がいるか??
ちょっと疑問ですがいるんでしょうね…

最後に、日本の離婚原因で一番多いのがこれです。
重大な自由(性格の不一致と言われることも)です。

芸能人の離婚でも『すれ違い』というのが多いですよね。
すれ違いもここにあたります。

協議離婚と調停離婚

離婚するまで夫婦で話し合いが行われると思います。
・協議離婚
・調停離婚

この2つがあります。

まず、協議離婚は夫婦で離婚する条件について協議する事です。
基本的には、夫婦で協議するのですが第三者(民間人)が間に入る事があるようです。
離婚を考えている夫婦が冷静に話し合いをする必要があるので、感情的になる性格をしているなら難しいでしょうね。

調停離婚は家庭裁判所に離婚をしたい方が申し立てを行う必要があります。
家庭裁判所の調停員が第三者となって離婚の条件を整理してくれます。
離婚の条件は夫婦が出し合って間をとった提案をしてくれる感じでしょうか。

日本では協議離婚の割合が全体の1割程度と言われています(徐々に増えている模様)

結婚は簡単に出来るが離婚は超めんどくさい

結婚は婚姻届を出せばいいですが、離婚は離婚届を出せば終わりという訳ではありません。
離婚届を出すまでが超めんどくさい感じ。

・離婚の原因をお互いな納得
・子どもがいれば養育費
・財産分与

お金が絡んできますからね。
揉めるわけです…

夫婦がすれ違う理由


日本の離婚原因で一番多いのが『結婚生活を続けがたい重大な事由』です。
いろんな理由がありますが、なぜこのような理由が多いのでしょうか??

男と女という生き物を理解していない

男と女は別の生き物と言われています。
脳みその構造が違うとか…

男は理論立てて物事を考えていって答えを出す事を得意としている生き物です。
女はコミュニケーションを重要視して、共感する事を得意としている生き物です。

男は問題が発生したらそれを解決するまでのプロセスを考え行動します(答えを求める)
女は問題が発生したら共感してもらう事を考え行動します(答えは必要ない)

まったく、対照的ですよね。

夫婦がここを理解(お互いの事を)していないとすれ違いが発生して、だんだん喧嘩が多くなっていって最悪の場合は離婚という事になるのです。

自分基準で物事をすすめる

仕事でも同じ事が言えますが相手基準で物事をすすめないと何事もうまく行きません。

・自分の考えを押し付けるだけ
・自分の価値観を押しつける
・人の話しを聞かない

ようは、自分に合わせようとする。

仕事でも夫婦でも同じ事が言えると思います。
どちらかが我慢をすれば夫婦生活はうまく行っている風でしょうけど。
だんだんと不満が溜まっていくでしょう。

どこかで爆発して夫婦生活が破たんして離婚という結果が待っています。

子どもで手がいっぱい

子どもが産まれると奥さんが豹変した!!
なんて、事は良く聞きます。

わたしが結婚した時もそのようなアドバイスを貰いましたがその時点では???
でした。

子どもが産まれると奥さんは24時間営業状態になります。
昼も夜もずっと子どもにかかりっきりです。

相当、ストレスが溜まるようです。
そのはけ口は旦那さんに向けられます。
旦那さんが敵のように見えてくるらしいです 笑

何をしても奥さんの機嫌が悪い時はボコボコにされます。
わたしなんかドアを閉めなかっただけでボコボコに文句言われました 笑

子育ては奥さんが超大変で精神的にも弱っている時期ですがそこを旦那さんが理解をしないと喧嘩が勃発!!
子育て+旦那さんのストレスで奥さんは壊れて行きます…

どちらかが冷静になる必要がある


夫婦はパートナーなのです。
どちらともが自分の意見を主張していると絶対に離婚します。

民法で定められている事

民法でこのような事が定められています。

・夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない(752条)

夫婦は一緒に住んで生活するうえでいろんな事を協力して助け合っていかなければいけないという事になります。
怠れば逮捕されることは無いと思いますが訴訟を起こされれば裁判で争う事になります。
離婚する時の調停がそれにあたります。

亭主関白で奥さんが従うというのは昔話でしょうね。

我が家は夫婦で協力しています。

こんな本を読みました

本屋で目にして買いました。

夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉
鈴木 あけみ
徳間書店
売り上げランキング: 82,259

この本は奥さんが旦那さんを褒めてやりましょう!!
そうすれば旦那さんのやる気がアップして家庭を大事にして年収も増えて行きますよ。
と、いう事を教えてくれる本です。

わたしが読んだ感想はこうです。

・まず、奥さんの大変さを理解する。
・奥さんの気持ちに共感する。

奥さんのやる気をアップしてから、次は旦那さんのやる気をアップする。

この本は旦那さんを褒めて、、、にフォーカスされていますがそれよりも先に奥さんの大変さを理解して共感してからが先でしょう。
いきなり奥さんのこの本を読ませても実践しないでしょうね。

旦那さんが先に行動です。

旦那さんが先に冷静になる

鶏か卵かと同じですが、旦那さんが冷静になる事が先だとわたしは感じてます。
男は理論立てて物事を考えて答えを出す為に脳みそを使います。
そのような生き物だからこそ旦那さんが冷静になる事が必要なのです。

奥さんが主張している事に対して冷静に考えてあげる事。
ダメなのは奥さんの主張に対してまっこう勝負する事です。

奥さんの主張はまずは受け入れてあげましょう。

まとめ


釣った魚には餌をやらない。
結婚して変わったね。

昔から言われている事ですね。
結婚という人生の節目を迎えると達成感からか燃え尽きてしまうんでしょうか 笑

離婚の理由は性格の不一致、価値観の違いから起こるのがほとんどです。
夫婦は育った環境が違うので合わないのが当たり前なんです。
そこを理解していないと不満が起こってきて喧嘩が増えていきます。

わたしは違って当たり前で合わす必要な無い。
パートナーを理解すれば良いだけと思ってます。
※わたし的にはココ非常に重要です。

婚活をする時から結婚してからのイザコザは理解しとくと良いです。
このようなイザコザが少なからず起こります。
事前に分かっていれば対処は簡単でしょ 笑

結婚は第二の人生の始まりですよ。
起こりうるリスクは婚活を開始した時点から勉強して理解を深めておきましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*