金剛筋シャツのサイズ感をアラフォーのおれが試した結果を教えるよ!

ネットで話題になっている金剛筋シャツ。
着るだけで腹筋が割れるとかダイエットしたとか詐欺だとかいろんな情報があふれています 笑
どの情報を信じて良いかわからない状態ですね。

実は、わたしもそのような情報をネットで検索している一人です 笑
嘘とはわかっていても着るだけで腹筋が割れるとかダイエットしたとか夢がありますからね 笑

なので、金剛筋シャツを買っちゃいました~ 笑笑

はい、笑っちゃってください…

わたしは独身時代は筋トレに凝っていたりフルマラソンを走ったりとアラフォー世代ではスポーツマンです(なんちゃって野郎ですが 笑)
筋トレの仕方とか筋肉の付け方とかダイエットとかカナリ詳しいアラフォーです。
なので、金剛筋シャツを着るだけで何とかというような情報は嘘だという事も十分理解しています。

でも、買ってしまいました 笑
あくまでも金剛筋シャツは筋トレやジョギングをする時のサポートアイテムであって着るだけで腹筋が割れたりは絶対にありません。

続きを読む


結婚相談所を検討してる35歳の女性の方へ!結婚相談所にも種類があるの知ってる!

わたしが婚活を開始したのが44歳、お嫁ちゃんが婚活を開始したのが38歳の時です。
それまでは普通に生活をしていれば自然な出会いがあって自然に結婚して行くものだと思ってました。

人生はそんなもんだと…

結婚するにはその為の努力をしないと出来ないと知ったのが婚活を開始した年齢です。
遅すぎですよね~

そんな二人ですがこんな感じで婚活を進めて来ました。
まずは、知り合いの紹介です。
2,3人紹介されましたがそれで終わりました 笑

その次は婚活パーティーです。
わたしは2年半、お嫁ちゃんは1年ほど。
お互いが知り合うまでそれくらいの時間がかかってます。

婚活パーティーに参加して感じた事は本気で結婚をしたい人があまりいない事かな。
結婚よりも彼氏や彼女が欲しい人が集まっている感じです。
婚活パーティーは結婚をしたいという真剣さが足らないと感じました。

続きを読む


しわ対策クリームのハリハリミチルってどうよ!嫁が使い始めたんだけど~

アラフォーになってくると気になるのが顔のしわでは無いでしょうか??
わたしも、お嫁ちゃんも年齢よりも若く見られたいので顔のしわ対策は非常に気になっている所です。

わたしはおっさんですが男性用の化粧水を買って来たり、DHCの泡(フォーミングウォッシュ)を買ったりしています。
洗顔とかその後のお手入れとか、、、おっさんですが気にしてます 笑

テレビとかでお顔の手入れとか放送していると必ず見ます。
あとは、QVCの通販番組も結構好きですね 笑
この手の商品を紹介している事が結構あるので。

変なおっさんですね~

あと、お嫁ちゃんがお顔のお手入れを気にしているのは普通ですか(女性ですから)
本人は自分の為とか娘にキレイなお母さんと言われたそうで、独身時代に比べて顔のしわにさらに気を使っている感じです(年齢的な事もあります)
最近、新しい商品が発売されたとかでさっそく使っていました。

続きを読む


金剛金シャツは意味ない!?アラフォーのおれが試した結果を知りたくない?

ちまたで有名な金剛金シャツ。
良い口コミも悪い口コミもネットで検索すればたくさん出てきます。

ちなみに、わたしも持ってます 笑
実際に着てその結果を肌で感じていますよ。
結果から言えば『着るだけでは何の効果も無い』です。

悪い口コミを書いている人は『着るだけで痩せた』、『着るだけで腹筋が割れた』なんて情報に踊らされて買ってしまったんでしょうね。
当然ですが着るだけでは何も起こらないので結果的に悪い口コミを書かないと気が済まなかったんでしょうか。
そりゃ甘い口コミに踊らされてしまいましたね。

買った人の動機で意味があるアイテムだったり、意味が無いアイテムだったりしてます。
わたしは理解して買ったので当然ですが意味があるアイテムになりましたよ。
見た目がちょっと変化するんでね。

わたしはその結果で十分でした。
即効性があるし。

続きを読む


婚活の始め方で悩んでいる男性ならこう攻めよ!アラサーもアラフォーも絶対に読むべし!

わたしは44歳で婚活を開始しました。
それまではいつか自然な出会いがあって自然に結婚が出来るだろうと思っていたんです。
それまでは、わざわざ婚活してまで結婚しなくていいかなと。

それに気が付いたのが44歳です 笑

このままでは一生独身かもしれない。
気が付いたはいいけどどうやって結婚する相手をどうやって見つけたらいいんだろうか??
当時はそんな感じでした。

今まで結婚とか考えた事が無かったですからね。
まず、思いついたのが『合コン』でした。
友達をつてに3回くらい合コンに参加しましたが後が続きません。
(40歳も半ばになってますので当たり前ですね 笑)

続きを読む


結婚する時に共働きが前提な男性と結婚してはダメなの知ってる?

今の世の中ですが共働きの夫婦が多いと思ってます。
共働きする理由があっての事なのでとても良い事だと感じます。

働いていたいと思う女性もたくさんいらっしゃると思います。

ただ、結婚する前から共働きが前提な男性もいるのも事実。
それにも理由があると思います。

ちなみに、お嫁ちゃんは結婚してから専業主婦をしています。
それにもちゃんとした理由があります。
わたしが46歳、お嫁ちゃんが39歳の時に結婚したので子どもが早く欲しかった。
その為に妊活をしていたのです。

お嫁ちゃんが働くよりも子どもを授かる事を優先しました。
我が家はそれが理由です。

運が良かったと思いますが3回目で無事に妊娠をして女の子を授かりました。
もうすぐ1歳になる元気いっぱいの娘がいます。

続きを読む


海釣りをする男性が家事や育児に積極的になるという事を知ってる?

結婚したら家事や育児に積極的になる男性ってどう思います??
素敵ですよね♪

趣味を持っている男性で特に魚釣りをする(特に海釣り)方が家事や育児に積極的になる傾向があります。

すいません、わたしの事です 笑
お嫁ちゃんからも褒められたのでその時に自然と出た言葉です。

・海釣りをするからじゃないかな

とっさに出た言葉ですが後から考えたらそうかも知れないな。
そう感じました。

わたしの周りにも海釣りをする人が何人かいますが同じような感じです。
釣った魚は自分で料理をするのが基本ですし。

続きを読む


介護で結婚を諦める必要はありません!その経験が結婚生活に生きるのです!

わたしの両親は介護生活をしています。
父はもう天国に旅立ちましたが『要介護3』でした。
認知症を患っていてグループホームで生活をしていたんです。

母は要介護2です。
父が天国に旅立ってさびしそうにしている感じですが趣味のカラオケとか楽しんでいるようです。

わたしが44歳くらいの時に介護生活が始まりました。
婚活を開始した時期と同じくらいです。

わたしが結婚したのが47歳ですから3年ほど自宅で介護生活をしていた事になります。
父が旅立ったのが49歳の時ですから結婚してからも2年ほど介護生活をしていました。

いやー介護生活は本当に大変です。
介護が始まった年よりも次の年、その次の年と年々大変になってきます。

結婚どころじゃない…
そんな感じ。

続きを読む


離婚する原因を理解してたら婚活がうまく行く理由を教えます!

わたしたち夫婦は晩婚です。
わたしが47歳の時、お嫁ちゃんが40歳の時に結婚式をあげました。
それから1年後に待望の女の子にも恵まれました。

中古ですがマンションも購入して住む前にリフォームしたので新築のようです。

幸せですか??
と、聞かれると『幸せです!!』大きな声で言えます。

喧嘩とかしません??
と、聞かれると『普通にしますよ』、『大きな喧嘩もしますよ』答えます 笑
育った環境も違う、価値観も違う二人が夫婦になって一緒に暮らしているので喧嘩しますよ!!

子どもが産まれてきて、子育てが始まってから夫婦喧嘩が増えた感じですか。
子育てはストレスが相当たまるのでね。
お嫁ちゃんも精神的に疲れてますから、わたしに攻撃的になる事も多々あります 笑

それを受け止めるのが旦那の役割かも知れません(イラッとしますが 笑)
そこを理解できていないと最悪の場合ですが離婚になる事もあるようです。
子どもがいて離婚となると夫婦二人だけの問題じゃないですから。

続きを読む


婚活する時から子育ての大変さを知っとくべき!実際に経験したらびっくらする事だらけ(笑)

わたしは44歳で婚活を開始して2年半かかりましたがお嫁ちゃんと出会って結婚しました。
わたしが47歳、お嫁ちゃんが40歳の時に結婚式をあげたんです。

わたしたち夫婦が望んでいたのは『子ども』ですが年齢的に余裕がまったくありません。
なので、結婚が決まってから子どもを作る為の努力をしてきました。
規則正しい生活をしたり、食事に気を使ったり…

この年齢で自然妊娠を望むのが間違っていたのでしょうか。
なかなか子どもを授かる事が出来ませんでした。

そして、夫婦そろって不妊治療を開始…
お嫁ちゃんの年齢、わたしの精子の動きの悪さ、、、わたしにも原因がありました。

顕微授精

わたしたち夫婦が不妊治療をお願いした先生から提案された治療法です。
お嫁ちゃんに薬で排卵をたくさんさせて採取、卵子にわたしの精子を直接注入する不妊治療です。
お嫁ちゃんも薬による体のきつさが大変そうだったし、治療費用も保険が利かないのでカナリな高額です。
自治体の補助金も少ししかありません。

続きを読む