婚活パーティーでカップルになっても長続きしない理由はなぜ?

わたしは44歳から婚活を始めました。
アラフォーと言うよりアラフィフですか。
2年半ほど婚活パーティーを続けていたのでいろんな経験をしています。

わたしの性格なのかうまく行かない理由を分析する事を常に行っていました。
心理学的な事も大好きなので婚活パーティーに参加している男女の考え方なんかも分析したり。
1年もすると男女の考え方が大体わかってきました。

婚活パーティーに参加してもカップルにならない事が多くないですか??
やっとカップルになっても自然消滅したり2,3回ご飯に言ったら連絡が途絶えたりしてないですか??

これらの原因は自分にもありますし、相手にもあるから。
一言でいえば仕方が無い事なんですね。

ぶっちゃけ諦めるしか無いのです。

理想の相手を探してします


過去の記事にも少し書いたと思いますがこのような状況にあっても理想の人を選んでしまうという事が基本になるようです。
婚活パーティーは第一印象の見た目や雰囲気でしか相手を選ぶ事が出来ないシステムです。

そうなると必然的に見た目が自分の好みかどうかで判断をしてしまいます。
男性であればこんな感じです。
・顔は??
・身長は??
・パイは??
・笑顔は??
・声は??

本当に第一印象の見た目から判断します。
(2,3分の会話だけでは性格とか判断できません)

では、女性の目線はどうでしょうか。
・私服は??
・笑顔は??
・会話は??
・年齢は??
・年収は??

男性とは視点が違いますが第一印象の見た目以外にも結婚相手としてどうか(年収など)を判断しているようです。

カップルにならない原因は2通りある


カップルにならない原因は2通りあるとわたしは感じています。
・理想の相手(好みの相手)を探している
・印象に残らない人(奥手)

理想の相手を探してしまっている

婚活パーティーで結婚相手を探している訳ですから人間どうしても理想の相手を選んでしまいます。
婚活パーティーは相手を選ぶのが超短時間勝負という特殊なシステムなのでどうしても見た目になりがち。
全員が揃った頃に会場を見渡すと今日の結果を想像してしまうのです。

好みの相手がいないから今日はもうダメだ
今日は婚活パーティー外れだった

そう思った事がありませんか??
好みの相手を探しているのでちょっと考え方をシフトしましょう。

奥手すぎる

次は印象に残らない人に関してです。
アラフォーで婚活をしている方に多いのですが恋愛に対して奥手な方が多くいます。
それと、婚活パーティーの会場に行くだけで目的を達成していると勘違いをしている方もいます。

そのような方は恋愛になれていないのか相手に対して非常に奥手な方が多い。

異性と接する時に相手は自分の事をどう思っているのか??

このような事を常に第一に考えてしまいがち。
もう少し積極的になって相手がでは無くて自分がどうなのか。
これが大切なんです。

やっとカップルになったと思えば続かない


無意識に理想の相手を探していたり、奥手すぎたりしてなかなかカップルにならなかったとしても運が良かったのかたまたまだったのかカップルになる時があります。
嬉しくて、帰りにお茶をしてLINEの交換やメールの交換をしてちょっとドキドキした時間があります。
どうやってご飯に誘うか一所懸命考えたり。

そんな楽しい時間も直ぐに続かない事ってありませんか??
ご飯を食べに行ったら次が無かった事ってありませんか??

わたしは何回もあります。

相手も理想を追い求めていた

わたしがボーリング婚活でカップルになった時の事です。
ぽっちゃりして肉体的な女性とカップルになりました。
LINEの交換をして毎日楽しくLINEをしてたんです。

夜にご飯(飲みに)を食べに行ったりもしてました。
その時は東京出張が多かったのでちょっとした遠距離になってたので会う機会があまり無かったのですがそれでもLINEの交換はしてたんです。
そしてこんな事が起こりました。

既読スルー

わたしが出したLINEが永遠と既読になる事が無かったのです。

この女性とは数か月後に参加したランニング婚活でばったりと再会をしてしまいました。
ランニング婚活はほぼフリータイムなので相手と話しをする時間がたくさんあります。

わたしはそれとなく既読スルーになってた事を伝えたら驚きの回答でした。
わたしより素敵と思う相手がいたので(婚活パーティーで)…

そうです。
その彼女はカップルになっても婚活パーティーに参加して理想な男性を探していたのです。
もっとふさわしい方がいるかも。
そんな感じだったようです。

間違えて選んじゃった??

LINEの連絡先を交換しても1回も合わずに終わってしまった方もいました。
その時もランニング婚活だったのですが女性がわたしより14歳も年下でした。
ちょっと綺麗な方でまさかカップルになるとは思って無かった女性です。

もしかしておじさん好きなのかな??

なんでもこの後に用事があったらしく少し話しをして最寄りの駅で別れました。
LINEをしても2日後くらいしか返事がありません。

間違えてわたしを選んでしまったのかな??
と、思ってLINEをしなかったのですが相手からもLINEが来ません。
婚活パーティーは番号で選ぶので間違えたんでしょうね。

噂ではカップルになって集合場所に行ったら相手が居なかったなんて事もあるようです。

お互い間違いには気をつけましょうね。

婚活パーティー会場では良かったから

このパターンも良くありがちです。
婚活パーティはカップルになる事で次のステップになるのですがカップルになる事が目標になってはダメなんです。
カップルになる事が目標になってしまうとこのような事が起こります。

参加している中でカップルになろうと頑張ってしまう

自分の理想の相手が多ければ良いのですがそうでない時でも頑張ってしまう。
そうするとその時は良かったけど次に会った時にこの人だったかな??
なんて思ってしまう訳です。

一気に目が覚めてなんでこんな人を選んでしまったのだろう…

そして、直ぐに連絡を取らなくなってしまう。
カップルになる事が目標になっているとこれの繰り返しです。

自分基準か相手基準か

物事をうまく進める為には相手基準で考える必要があります。
これって仕事をうまく進めるうえでのテクニックなのですが人付き合いにも当てはまります。
それが、男女間の恋愛関係であってもです。

自分が思った通りにならないと起こる人が周りにいませんか??

その人は自分基準でしか物事を判断が出来ない人なんです。

相手基準で物事が判断出来れば男女間の恋愛関係もうまく行くんです。
仲が良いカップルや夫婦の方がいらっしゃいますよね。
その方たちは相手を尊重して相手基準で接する事が出来るからうまくいくんです。

わたしの後輩は若くて綺麗な女性と結婚をしましたが奥さんがわがままで怒るとヒステリックになってしまう夫婦がいます。
旦那さんが相手基準で判断をして行動をする人間なので夫婦関係も良好です(大変と良くぼやいてますが)
仮に後輩が相手基準で物事が考えれない人間だったら衝突してとっくの昔に離婚していると思います。

どんな時であっても相手基準で判断するくせをつけましょう。
それが出来るようになると人付き合いが楽しくなってきます。

婚活パーティーもこれまでとは違う体験がまっています。

共通点が多い方が良いのは当たり前

やはりこれにつきますね~。
婚活パーティーでカップルになった時って第一印象だけですからね~。
お互いの事をよく知らないというか。

だから長続きしないと思います。
わたしの場合もそのような事が本当に多かったですから。

結婚してからもそう思います。
もっと、価値観が近ければ喧嘩も多く無いのにな。

婚活アプリにwithを紹介します

面白い婚活アプリを見つけたので紹介します。
メンタリストGaiGoが監修をしている『心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」』です。

このwithですがキーワードが共通点。
プロフィールとかお互いの共通点を気になる相手と点数で知らせてくれるシステム。

それと、すごいのがサービス内で心理テストが受けれますがその結果についても共通点を探してくれます。
分かり易いように点数もあるかな。

これって、ありそうで無さそうなシステムなんですよ。
多分、withだけじゃないかな~

男性からしたらアレですが女性は無料で全機能が使えるんですね~

ちょっとwithが気になってません??⇒心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」

まとめ


婚活パーティーでカップルになっても長続きしない理由をまとめて見ました。
思い当たる節がありましたか??

カップルにならない場合は自分が理想の相手を探していないかちょっと考えて見ましょう。
カップルになって続かないなら相手基準で行動が出来ているか考えて見ましょう。

相手に問題がある事もあると思います。

そんな時はスパッと諦めて次に行けばいいんです。
わたしは2年半ほど婚活パーティーに参加していましたが同じ相手に会ったのは1,2回くらいです。
確率で言えばほんの数%ですね。
(ちょっと気まずいですけどね)

これまでとちょっと違った考え方で婚活パーティーに参加してみてください。
カップルになってうまく行っていないならちょっと違う考え方で相手に接してみてください。

きっと良い方向になると思いますから。

心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*