結婚したいけどめんどくさい?考え直さないと大変な事になる可能性がありますよ

わたしは44歳で婚活を始めて2年半かかってお嫁ちゃんと出会いました。
アラフォーと言うよりアラフィフと言った方が正しいでしょうか。
お嫁ちゃんと出会うまでの婚活期間は本当に苦しかった。

こんなにも婚活は大変なんだろうか…

毎日毎日こんな事を考えていた気がします。

もっと早く婚活をしていればよかった…

こんな事も毎日毎日考えていましたね。
40歳を過ぎると婚活ではあまり相手にされなくなります。
こんな事は婚活を始めるまで気が付かなかった。

これまでは結婚する気持ちがありましたが行動をしていなかったので結婚が出来ていなかった。
その行動(婚活)をすれば直ぐに相手が見つかって幸せになれると思っていた。

まったくそうではありませんでした。
辛い現実がまっていたのです。

ネットを検索しているとこんな考え方の方もいました。

結婚したいけどめんどくさい…

結婚を考えている相手がいてこう思っているのかそもそも結婚をする相手を探すのがめんどくさいのか。
とてもビックリしました。

めんどくさいから結婚をしないとこのような未来が待っているかも知れません。
年齢を重ねて行きいざ結婚をしないといけないと気が付いた頃には婚活するには非常に厳しい年齢になっている可能性が待っています。

Yahoo知恵袋から質問内容を抜粋

知恵袋から検索してみました。
性別も年齢も書いてありませんが質問内容から見て女性ではないでしょうか。

結婚がめんどくさいです。子供も欲しくないです。しかし経済的に一人で生きていくことも孤独に耐えられる自信もないので親とずっと暮らしたいと思ってます。しかしそれでは世間が許してくれませ
ん。なぜですか?いずれはまた実家に戻って親の介護をしなくちゃいけないのにどうして実家を出て自立しなくてはいけないのですか?親は子供と一緒にいたいと言ってるし住む家があるなら出て行く必要はないと思います。親が死んだら後を追って死んでもいいと思ってます。
実家を出たり結婚をする意味とはなんでしょうか?
出典:Yahoo知恵袋

少々重たい内容の質問でもあります。
両親に依存しているようにも受け取れますね。
何か心に傷を負っているような感じもします。

真剣に悩まれている感じですね。

質問者さんはどのような方なのか想像してみました

ずっと両親と暮らしていたいとありますから非常に家族仲良しだと感じます。
ただ、気になる感じもするんです。
悪く言えば親離れ子離れが出来ているのか??

質問者さんですがずっと両親と暮らしたいとあります。
ずっと未来の両親の介護もしないといけない。
質問内容にそう書いてあります。

なぜか??
一般的にこのように思う方は親離れが出来ていないと言われています。
大人になっても両親の前ではいつまでも子どもなんです。
いつも、両親が言う事が優先される。
そんな感じではないでしょうか。

子離れできない両親が親離れできない子どもを育ててしまう

そもそもなぜ親離れが出来ないのでしょうか??
調べてみるとその原因は両親にあるようです。
(それぞれの家族によって違いますが)

両親が子どもに対して面倒を見すぎてしますから。
家庭によっては子どもの就職先や結婚に対してまで面倒を見る傾向が強い場合が多い。
子どもにしては両親が何もかも決めてくれる。
それが子どもの頃から続いているのでその感覚が普通になっている。

その結果ですが子離れが出来ない両親、親離れが出来ない子どもが育ってしまうようです。

わたしの周りにも少ながらずこのような方がいらっしゃいます。

大人になったら自立しないといけないという意見

質問者さんも書いています。

なぜ自立をしないといけないのか??

確かに世間体を気にするという事はあると思います。
質問者さんも世間体を気にしていますし。

わたしは結婚するまで実家暮らしでした。
それを悪く言う人も周りに居たのは確かな事です。

人それぞれ理由があると思うので無理に親元を離れる必要は無いと感じてます。
人によって社会人になったら一人暮らしをする家庭もあるようです。

親もとを離れる事が自立というなら無理にする必要は無いと感じています。

結婚をする意味について

質問者さんは実家をでたり結婚をする意味とはなんでしょうか??
このように問いかけをしています。

その意味はやはり自立という事になると思います。
結婚は確かにめんどくさいと感じます。
旦那さんと一緒に生活をしていくのですから意見の食い違いも当たり前です。
喧嘩する事もたくさんあります。

でも、それが結婚という物だと思います。
嫌な事もたくさんありますが楽しい事やうれしい事もたくさんあります。

わたしは46歳で結婚をしました。
それまでは一人で生きていけると感じてましたが実際に結婚してから間違いである事がわかったのです。

一人では生きていけない。

この年齢で結婚してわかった事なんです。

それが結婚をする意味ではないでしょうか。

結婚は遅くなればなるほど厳しくなっていく

わたしは44歳になって婚活を始めました。
お嫁ちゃんと出会うまで2年半掛かっています。
長い婚活期間でしたが感じた事があります。

年齢を重ねるほど結婚するのが難しくなっていく。

本当に実感しました。

40歳を過ぎた男性は30歳女性から対象外にされる

40歳を過ぎている男性は30代または20代の女性をターゲットにしています。

それはなぜか??

自分の子どもが欲しいからです。
その為に10歳くらい年が離れている女性をターゲットにしがちなんです。
ですが、女性からしたら同世代か35歳くらいまでの男性がターゲットになっています。

世間一般的に40歳を過ぎていて一回も結婚をしていない男性は何かがある??
と、思われています。
女性からしたらそのような男性はターゲットでは無いのです。

40歳を過ぎた男性は婚活では非常に厳しい場所に立たされているのです。

30代の女性を求めているのは40歳を超えた男性です

女性も30歳を超えてくると婚活が厳しくなります。
この年齢を求めてくる多くの男性が40歳を超えている現実があります。
容姿が良い、収入がある、職業が公務員など条件が良い男性であれば構わないでしょう。

しかし、現実はそう甘くはありません。
40歳を超えている男性は一般的に条件が厳しい方が多いように感じます。
見た目、職業、収入どれをとっても平均かそれ以下と思ってください。
それかバツイチの方…

このように男性も女性も年齢を重ねてくると婚活が非常に厳しくなります。

出会いがあっても厳しい現実がまっています

年齢を重ねていても結婚が出来ない事はありません。
わたしのように粘って婚活を続けていれば良い出会いがあります。

結婚しても厳しい現実が待っている場合があります。

子どもが出来にくい年齢になっている

わたしが46歳、お嫁ちゃんが39歳の時に結婚をしました。
二人とも子どもが大好きなので子どもが出来る事を望みました。
結婚する前から子作りを行っていましたがまったくそのような兆しがありませんでした。

二人で相談してお互いが不妊治療を行っている病院で検査を行ったのです。

その結果ですがわたしが顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術という手術を受けないと自然妊娠が厳しいという事に…
簡単に言えばわたしのアレの運動率が悪いので自然に妊娠する事が非常に難しいという事。
それを改善する為には保険のきかない手術をしなければならない。

お嫁ちゃんは年齢的に厳しくなっているので人口受精よりも体外受精が望ましいでしょう。
体外受精でも顕微授精になると病院で言われてきました。

子どもが大好きな二人ですがこのままでは恵まれない確率があるという現実を突き付けられたのです。

治療により子どもに恵まれましたが…

わたしたち夫婦は治療により子宝に恵まれました。
子どもが産まれる時はわたしは47歳、お嫁ちゃんは41歳になっています。

わたしはサラリーマンをしていますので定年退職が60歳です。
13年後ですので子どもはまだ小学6年生になったばかり。

子どもが成人する時はわたしは67歳になっています。
子どもが私立の大学に行きたいと行った時にどうしよう…
定年退職しているのでお金が用意できるかどうか。
(今から準備はしています)

こんな心配もあるのです。

まとめ

結婚は本当にめんどくさいと感じました。
結婚式をする時にいろいろと喧嘩をしました。
一緒に暮らす場所を探す時も喧嘩をしました。

家具家電をそろえる時も喧嘩をしました。
一緒に暮らし初めても何回も喧嘩をしました。

結婚すると双方の家族とも付き合いがありますのでそれもめんどくさいんです。

ですが、わたしは結婚して良かったと心から言えます。
自分の家庭という守る物が出来ました。

それによって仕事ももっと頑張らないといけないという意識が高くなりました。
その結果ですが給料も増えたし重要な仕事をするポジションにもつけたんです。

結婚して嫌な事もありますがそれ以上に楽しい事や幸せな事が待っていたんです。
今だから言えますが結婚して本当に良かったと感じてます。

独身時代より親孝行出来ていますし。

結婚がめんどくさいという意見もありますが年齢を重ねていくと結婚する事自体が厳しくなってきます。
わたしのように2年半も婚活したくないでしょ 笑
婚活するのにお金もだいぶかかりました。
精神的ダメージもカナリ受けましたし。

結婚は確かにめんどくさいです。
ですが、それ以上に幸せな事もまっているのも事実ですから。

めんどくさいと言わず早めに行動しましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*