3K男性に4低男性?いまどきの女性の結婚相手に求めるのはいったい何?

今の時代でも女性が男性に求める結婚の条件がありますよね。
わたしが20代の頃も普通にありましたし。

わたしが20代の頃はバブルが真っ盛りの時代です。
このような男性が人気があった感じです。
・高身長
・高学歴
・高収入

いわゆる3Kですね。

あと、メッシ―くん・アッシーくんという単語もありました。
メッシ―くんはご飯をごちそうしてくれる方、アッシーくんは車で送迎をしてくれる方…
バブルの頃は何でもアリでしたからね。
今となっては懐かしい思い出です。

こんな3Kもありましたね。
・きつい
・汚い
・危険

これは職業を例えた場合に言われていた3Kです。
こんな仕事は嫌だな~
こんな仕事の男性は遠慮したいなぁ~
と、言った具合です。

さて、このような例えば今の世の中でもあります。
新3Kとかまた別の単語も出ていますよね。

現在ではどのようなものが出てきているのでしょうね 笑

バブルの頃


バブルの頃に言われていた3kは今の世の中では別の意味で言われているの知ってます??

バブルの頃は3高

バブルの頃は結婚相手に求める条件のような物でした。
・高身長
・高学歴
・高収入

このようなステータスの男性はモテた(もてはやされた)と記憶してます。

わたしはどうだったかと言えば 笑
身長が175センチなのでまあ高身長の部類に入ると思います。
偏差値が50くらいの工業高校卒業⇒コンピューターの専門学校なので学歴は悪いです。
収入で言えばIT業界で残業がカナリあったので年齢的にはそこそこの収入だったと思います。
(バルブがはじけてからは残業代が無くなったので低収入になりました)

あまり、結婚相手としてはイケて無い部類ですね 笑

3高から3Kへ

バブルが過ぎてから3Kは職業を指す事に変化しました。
・きつい
・汚い
・危険

主に、建築関係の職業を指すようのかな??
このように言われることが多くなりました。

建築した建物って地図に残るでしょ。
とてもやりがいがある仕事だと感じています。

IT業界も同じ感じに

わたしが勤めている業界も3K職場と言われるようになりました。
・きつい
・帰れない
・給料安い

です 笑

定時で帰れる事は珍しいくらい。
そんな業界です。

納期が近くなると深夜残業や休日出勤はあたりまえ。
裁量労働制をとっている会社も多いので基本的に残業代は出ません。

バブルの頃は残業代がたっぷりあったんですがね~
今となっては懐かしい思い出になってしまいました。

その次は3平


昭和から平成になってから女性が求める条件も変化がありましたね。
バブルの頃とはだいぶ違った感じになってます。

どこにでもいるかも

バブルがはじけてから女性が男性に求める条件の変わってきました。
バブルの時がちょっと異常だったんでしょうね。
キーワードは平均という感じですか。

・平均的な年収
・平均的な見た目(外見)
・平均的な性格

3平という単語が出て来ました。

言い方を変えると『普通』、『安定』でしょうか。

バブルの頃が異常ですからね。
バブルがはじけて世の中が普通を求めた結果だと思います。

時代が安定を求めている

バブルが終わってから時代が安定を求めていると感じてました。
就職先も公務員を目指す人も多かったと記憶をしています。

公務員は不況とか関係ないですからね。

女性が求める結婚条件も『安定した仕事』を求める方も多くなっていきました。
収入よりも安定という事になると思います。

業界によっては給与の仕組みがインセンティブで成績が良ければ高収入になりますが成績が悪くなれば手当が無くなるので給料が下がります。
例えば、不動産業界などバブルがはじけてから倒産した企業も多かったです。
高収入=リスキー…

それよりも安定した職業を求める女性が多くなった⇒時代がそうさせた。

そんな感じですね。

今の時代は普通を求める


時代とともに女性が男性に求める結婚条件も変化してきました。
バブルの頃と比べると随分と変わってきましたね~
4低と表現されているようです。

コミュニケーション能力

まずは、コミュニケーション能力ですね。

・低姿勢

男性はどうしても能力を誇示する生き物ですから高圧的な態度を取ってしまいます。
集団の中のボス的な感じですか(ジャイアンタイプ)
そんな男性よりもどなたにも低姿勢で接する事が出来る『優しい』、『丁寧』な男性を求める女性が増えているという事です。

わたしの周りにもこのような男性がいますが女性に人気があります。
男性からも人気がありますね 笑

ちなみにわたしもこのタイプで仕事をしてます 笑

安定した職業

バブルが終わってからずっと不景気と言われているような気がします。
平成はずっと不景気かな??
そんな感じ。

・低リスク

そうなると女性が求めるのは安定した職業についている男性です。
不景気になって『公務員』を求める女性が増えています。

わたしが婚活で利用していたエクシオのパーティーでも『公務員限定』がありましたが常に女性の参加が多かったみたいです。

公務員は倒産する事が無いですからね。
給料、ボーナスもサラリーマンよりは多いでしょう。

わたしも公務員になっとけばよかったかな…

自立している

わたしの中で『自立』は非常に重要だと考えています。

・低依存

結婚とは実家をでて新しい家庭を夫婦で築いて行くこと。
そんな考えがあります。
いつまでも両親に甘える訳にはいかないし、家の事は嫁にまかせっきりという訳にもいきません。

家事や育児もできる範囲で男性がやらないといけないと感じてます。
(わたしも実践しているつもり)

結婚して子どもが出来ると大きな子どもがいる(旦那さんの事)ような事が言われますがそれではダメなんです。

嫁に頼るのもいいですが頼りすぎるのはダメなので自立した夫という立場が重要です。

夫婦円満でいるコツです(結婚して分かりました)

お金に関する事

お金に関する事⇒特に支出に関する事ですね。

・低燃費

ちょっと強引なこじつけも感じますが 笑

お金を増やす為には簡単に言えば2つの事があります。
ひとつは入ってくるお金を増やす事、もうひとつは出て行くお金を減らす事。
入ってくるお金を増やすのはちょっと大変ですが、出て行くお金を減らす事はまあ出来ますよね??

ポイントは固定費を減らす事です。
無駄な生命保険を解約する、格安スマホに乗り換えるなどです。
車もそうですよね。
無駄に大きい車になってませんか??

これらのお金がかかる事をどれだけ考えていけるか。
この事を理解している男性が求められている感じになってきました。

もうひとつ付け加えたい

これらの事を4平とか4Tとか言われているようです。
わたしはこれらにもうひとつ加えたいと感じました。
それは、お金に関する事ですね。

お金を貯める為にはこれを実践していれば大丈夫です。

・毎月の貯蓄 = 毎月の給料 ― 決まった貯蓄額

これを給料を貰ったその日のうちに銀行に預けるんです。

これは誰でも実践していると思いますがさらにもう一歩進んだ事をおススメしたい。

・投資

です。

株とかFXをしろというわけではありません。
これらは勝つか負けるかしか無いのでギャンブルです。

毎月決まった金額を投資信託に預ける(ドルコスト平均法)事をすれば貯蓄は増えて、さらに配当も入ってくる感じです。
(大きな配当はありません)
これを20年満期とか25年満期続けて定年退職後のお金を確保するやり方です。

わたしはインベスターズトラストのレボリューションという積立を25年間続けます。
今で3年目を過ぎましたが元本割れをする事が無くなりました。
予想では6%ほど利回りが出る感じです。

お金に関しての知識も増やしたいですよね。

このような男性と出会うには

結婚するには最高の条件ではないでしょうか??
子育てにも積極的に参加してくれそうですよね??
家事も手伝ってくれそうだし。

このような男性と出会うには大切な事があります。

・出会ってからじゃ無くて出会う前に知りたい条件です。

と、いう事になります。
そう考えると結婚相談所じゃないかな。
あらかじめ登録した条件からマッチングする相手を紹介してくれるので。

婚活コンシェルジュがいて相談にのってくれたりいろんなアドバイスをくれたり。
ちょっとお金がかかるのがデメリットですがそれ以上にメリットがあると思いませんか??

まとめ

バブルの頃と比べると女性が男性に求める内容がまったく違ってきてますね。
その時代に反映した内容になっているようです。

今の時代とバブルの頃とはまったく事なってます。
わたしもバブルの時代を経験してますがあれは異常でしたね。
バンバン金を使ってたので。

お金を持っている人が偉いって風潮があったし。
まあ、今の時代の方が男性にとっては良かったのかも。

わたしも今の時代で結婚して良かった~

ズバット結婚サービス比較

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*