海釣りをする男性が家事や育児に積極的になるという事を知ってる?

結婚したら家事や育児に積極的になる男性ってどう思います??
素敵ですよね♪

趣味を持っている男性で特に魚釣りをする(特に海釣り)方が家事や育児に積極的になる傾向があります。

すいません、わたしの事です 笑
お嫁ちゃんからも褒められたのでその時に自然と出た言葉です。

・海釣りをするからじゃないかな

とっさに出た言葉ですが後から考えたらそうかも知れないな。
そう感じました。

わたしの周りにも海釣りをする人が何人かいますが同じような感じです。
釣った魚は自分で料理をするのが基本ですし。

魚料理のレパートリーもあります。
基本的に自分が食べる為では無くて家族が喜ぶから海釣りをして釣った魚を料理をしています。

わたしの釣りの歴史


小学生くらいから釣りをしています。
池から始まって現在では海釣りになってます。

釣りキチ三平の影響

小学生の頃は少年マガジンを愛読していました。
今でも記憶に残っている漫画は『釣りキチ三平』ですね。

その影響で魚釣りを始めました。
ちなみに家族は釣りをする人はいません。

わたしの世代では釣りキチ三平を見て魚釣りを始めた人も多いと思います。
少年マガジンが発売されるのが楽しみでしたね。

最初は近くの池で鮒釣りから

釣りは鮒に始まり鮒に終わるという言葉があります。
いろんな諸説があるんですが簡単に釣れるまマブナから釣りをしていろんな経験を経てから最終的に釣るのが難しいと言われているヘラブナを釣る。
みたいな感じです。

わたしも近くの池でミミズを使って鮒を釣る所から始めました

どれくらいの鮒を釣ったかは覚えて無いけど家に持ち帰った記憶はあります。

釣りキチ三平にあこがれてルアー釣り

釣りキチ三平は作者の矢口さん自身が釣りをするのでとても読み手に取ってとても面白い内容でした。
当時はまだ珍しかったルアー釣りに関する内容もありましたね。

そんなもので魚が釣れるのかと 笑
幼いながらそう感じた事を今でも覚えています。

あそこの池で雷魚が釣れるよと言えば自転車にのって遠出してました。
釣った雷魚を鮒を釣ってた池に放流したり(ダメなんですよね)
放流した池で次の年から雷魚が釣れるようになったり。

ブラックバスにあこがれて2時間ほど自転車にのって釣りに行ったりもしましたね。

今となっては懐かしい思い出です。

ブラックバスにのめり込む

高校、専門学校に行っている時は釣りはお休みしてました。
学業が優先と言えばカッコいいですが 笑

就職して遊ぶお金が出来てからまた釣りを再開です。
ブラックバスを求めてどこにでも行った感じです。
車も買いなおしてカートップにアルミボートを積んでました。

ブラックバスの釣りトーナメントにも参加してましたし(成績は悪かったです)

あれだけのめり込んだけど次第に海釣りに興味が出てきました。
より大きな魚が釣りたい。
理由はそれだけなんですが…

食べるために釣りをするように

あれだけのめり込んでいたバス釣りもぱったりとしなくなりました。
アルミボートもブラックバス用のルアーも売りました。

遠賀川の河口でスーバスを狙ってた時です。
いきなり50センチほどのヒラメが釣れました。

当時はまだ魚を捌く事が出来なかったので母親にお願いして刺身にして貰ったんです。
父の喜ぶ事!!

そうか、海釣りは魚を釣ってくると喜ぶ人がたくさんいるんだ!!
もっと、美味しい魚、大きい魚を釣って喜んで欲しい!!

そんな思いからブラックバス以上に海釣りにのめり込んでいくのでした。

海釣りをすると家事をするようになった


海釣りをするようになってから包丁を自分で握る事が増えてきました。
料理をする事も、後片付けをする事も増えてきたんです。

魚を捌くのが楽しくなってきた

食べる為に魚を釣る事が目的になってきました。
最初は母が魚を捌いて刺身にしてくれていたんですがだんだんと自分でも魚を捌くようになってきました。

釣った魚をどういう風に捌けば良いのかをyoutubeで探して参考にするんです。
ヒラメを釣った時は参考になりましたね~
ヒラメは5枚おろしをしますからね。

細長い系の魚(太刀魚など)を釣った時もyoutubeのお世話になりました。

イカを釣った時もyoutubeのお世話になりました。
同じイカでもコウイカ、アオリイカ、ヤリイカでは捌き方がまったく違います。
刺身の切り方もちょっと異なりますからね。

だんだんと魚を捌くのが楽しくなってきたんです。

後片付けも楽しくなってきた

美味しく食べる為には料理をしないといけません。

当たり前ですが、魚を捌くと内臓とかエラとか生ごみが出ます。
いっぱい釣った時なんかはもう大変です。
血もたくさん出ますし。
生臭いし。

捌くのは楽しいですが内臓とかエラとかの処理も大変でした。
でも、だんだんと片付けながら魚を捌くのが楽しくなってくるんです。
鱗も飛び散らないように工夫をしたり。

キッチンをいかに汚さないように魚を捌く工夫を考えるのが楽しくなってきました。

料理をして後片付けも楽しくなってきた

家族に美味しく食べて貰う為に魚釣りに行くようになってきたんです。

釣ってきた魚を刺身にしたり、干物にしたり、煮つけにしたり。
魚料理のレパートリーも増えてきました。

わたしが釣ってきた魚を料理して家族が美味しいと言ってくれるのがうれしい。
お腹がいっぱいになってくれるのがうれしい。
そんな感じになってきたら後片付けも楽しくなってきました。

お嫁ちゃんに比べたら家事なんて全然ですがこんな事を思うようになりました。

家事って楽しいかも♪

掃除や洗濯をするようになりました

魚釣りをして家族に料理をするようになりました。
その後片付けもするようになった。

少しだけ家事をするようになるともっとしたくなります。
掃除、洗濯もやってみると楽しい。

今では普通に掃除や洗濯をしますがたまに思います。
なんで今まで家事をしなかったのかな??

わたしの1日


お嫁ちゃんの家事を少しは手伝えてるかな??
わたしの1日ですがどうでしょうか。

娘が夜泣きすると起きます

娘が夜泣きをすると気が付いたら起きます。
お腹が空いて夜泣きをするのでリビングに抱っこして行ってミルクを作って飲ませます。

ミルクを飲んで直ぐに寝る時もありますが、だいだいが1時間ほど遊んだりしてます。

平日、休みの日は関係は無いです。

お嫁ちゃんはお昼に娘の相手をしているので夜はわたしが娘の相手をします。

目覚ましは5時15分にセット

目覚ましを5時15分にセットしているので基本的にこの時間に起きます。
(二度寝する時も結構あります 笑)

この時間はわたしの時間なのです 笑
パソコンでニュースをチェックしたり、早朝のニュース番組を見たり。

カナリ有意義に過ごしている時間ですね 笑

朝食の前に娘を起こします

パソコンに向かってニュースをチェックしたら娘が起きて来ます。
朝のミルクを飲ませてからおしめを変えます。

そして、朝から娘と遊びます 笑
一緒にPCに向かってyoutubeを見たりしています。

ちなみに、こんな感じです 笑

最近、買った椅子に座る練習もしてます。

可愛いでしょ。

夜は20時くらいに帰宅

帰宅したらまずは娘を抱っこします。
ぎゅ~とします 笑
いつもぎゅ~っとさせてくれる訳ではありませんが 笑

お風呂はお嫁ちゃんと入ります。
お風呂に入る時におっぱいの吸うので。

お風呂から上がるとだいたいは寝てしまっていますね。
わたしが体を拭いて、おしめとパジャマに着替えさせてから抱っこしてドライヤーで髪を乾かします。

ついでに、夜ご飯の洗い物もします(毎日)

なかなか寝ない日もありますがだいだいこんな感じで寝ます。

夜中のミルクは基本的にわたしが

日によって変わりますが基本的に夜中のミルクはわたしがします。
1時だったり、2時だったり,3時だったり、、、毎日時間は変わります。

ミルクを飲ませて少し遊べば目をこすり出してまた寝てしまいます。

わたしもまた寝るか4時、5時だったらそのまま起きている事もあります。

昼間に楽しく無い会議があったら超眠くなります 笑

休日は掃除と子どもと遊ぶ

休日は朝から掃除機をかけたり、洗濯機を回したり、フローリングを拭いたりしています。
午後からは子どもプラザに二人で出かけて2時間ほど遊びます。

10ヵ月くらいから二人で外出をしていますが子どもプラザの係りの方が10ヵ月くらいでお父さんと子どもだけは珍しいと言っていました。

確かに、兄、姉の甥っ子たちも2歳になるくらいまで母親から離れなかったような感じでした。

うちの娘は偉いですね 笑

まとめ


わたしは家事や子育てをやっている方だと言われます。
特に家事ですかね。

わたしとしてはお嫁ちゃんのお手伝いをしているだけなんですけどね。
わたしが出来る範囲だけです。

独身時代から家事をしてたのか??
ん~、海釣りを初めてからかな~
美味しい魚を釣ってくると家族が喜んでくれましたからね。

料理も楽しくなったし、後片付けも楽しくなりました。
そのついでに洗濯や掃除も楽しくなりました。
それも、海釣りを初めてからです。

海釣りをする全員が家事までこなすかはわかりませんが、釣ってきた魚を料理する人はたくさんいます。
多分ですが後片付けまですると思いますよ。

昔から魚釣りをする人の悪い人はいないといいますよね??
それは間違いでは無いです 笑

婚活をしてて趣味が魚釣りで海釣りだったらチャンスかも知れませんよ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*